カテゴリ

open all | close all

関数の役割

機能単位で作成

関数を使うことにより共通処理を記述できました。関数にはこの共通化以外にも役割があります。それはプログラムを機能単位に分割することです。

「機能単位に分割」とは、例えばカレンダーアプリを作る場合に、まずどのような機能があるか検討します。「日付表示」、「曜日表示」、「祝日赤色表示」などです。通常プログラムはこの機能単位に作成していきます。関数を利用すると機能毎に独立したプログラムにできます。これが関数の役割である「機能単位の分割」です。

関数を使い機能単位に作成することにより、他のメリットもでてきます。それはプログラムが見やすくなることです。行数が長いプログラムは読みづらいものです。一般的に50行以下が適切な長さと言われています。関数を利用すればプログラムを分割することになりますので、より見やすくなります。