カテゴリ

open all | close all

KotlinでAndroidアプリ#01

プログラミング言語にも寿命がある

輝く星にも寿命があるようにプログラミング言語にも寿命がある。恒星のように輝いていたJavaにも陰りが見えてきた。そして次世代の登場である。見て見ぬふりしてきたが、やるぞー「Kotlin」

Kotlinとは

KotlinはJetBrains社により、2011年に発表されたプログラミング言語だ。その特徴はJavaと同様の仮想マシン上で動作し、Javaと互換性があることだ。そして、Javaの欠点を補うように開発された言語のためJavaより簡潔にプログラミングできるのだ。

このKotlinが2017年にAndroidの開発言語として選定されると、Android開発言語の主流であったJavaから主役の座を奪うまでになっている。

Kotlinでアプリを作る

Kotlinを学習していくのだが、構文を学習したって面白みがない。そこでKotlinといえばAndroidアプリだ、アプリの開発を行う。

で、なんのアプリを作成するか?複雑で時間がかかると目的を失いそうになる...うーん・・・Reactチュートリアルでやった三目並べかなぁ...。

ーーー>つづく